格差社会を強くたくましく生き抜いていく!

インフレ、デフレ、どっちがどういうメリットか

" 大変、状況が見えない衆議院選挙に向けて、自民党安倍総裁が、インフレにという主張をされていますが、実際のところ、インフレ、デフレどっちが、いいのだろうと、素朴な疑問を持つのです。とりあえず、現在のデフレは、輸出産業には大打撃なわけで、そこは解るのですが、逆に原材料は安く手に入っているはず、また定価をどんどん安くすれば、小売業は大変ですが、高くすると買う方が大変ですし、小売業も、どこかから物を仕入れているわけで、結局大変ではあると思うのです。
 してみると、今の日本経済は、インフレ、デフレがどの程度だと経済的にベストなのか、という話を、ほぼ聞かない気がするのです。
 個人単位で、インフレだとお金が出ていくというのは、分かるのですが、問題はそこだけなのか、街の小売業が減って行ったり医療関係も維持できるのかなど、生活における大局を説明してほしいと思うこの頃です。"

こちらの記事もよく読まれています

・中部電 当面は値上げしない意向のようです
・年金制度のあり方が気になる
・日銀白川総裁の無策振り
・消費税増税の愚かさ
・インフレ、デフレ、どっちがどういうメリットか
・消費税に対して今からしておこうと思ったこと

MENU