格差社会を強くたくましく生き抜いていく!

英語化の必要性

"社内公用語を英語にするということは、その会社にとって英語が必要だからです。
つまりそれは日本のみで活躍している規模ではなく、世界を舞台に自分たちの仕事で社会貢献している又はしようとしている会社です。
今までは日本語だけでよかったものが、英語になると当然不満もあると思います。しかし、自分が働いている会社がどういう立場なのかを考えれば、それは仕方が無い事だと思います。

むしろこういう取り組みをやっていないといざ外国の方と話すことや、交渉の機会があったときに失敗してしまう可能性が高くなります。日々の英語でのコミニュケーションがいざというときの武器になります。

その際に英語が必ずしも完璧でなくてもよいのです。堂々と自分の意見を述べて、毅然とした態度が重要です。
そうしておくと相手にも信頼され、仕事が順調に進むでしょう。

英語化を積極的に受け止めるかどうかで、会社の中でのあなたの信頼度が大分変ってきます。
人に教えるということもあるでしょうし、教えられることもあります。またそこで今までとは違った人とコミニュケーションが生まれ、会社の結束力も強化されると考えています。"

こちらの記事もよく読まれています

・免許や資格を取得する!
・自己主張のチカラ
・常識力とマナーを身に着ける
・ヒトは70%を外見で判断する
・話し方を学ぶ
・将来の目標を早く決める
・カンタン=ラクでは無い!
・お金の知識を身につける
・企業が社員に求める能力
・コミュニケーション能力
・クリーニング工場にて
・職場での人間関係トラブル
・ミスした時の責任の所在
・汚菓子・汚料理を持ってくるおばさん
・資格って大切だなと思う今日この頃
・憧れはあってもなりたいとは思わない看護師
・英語化の必要性

MENU