格差社会を強くたくましく生き抜いていく!

将来の目標を早く決める

目標設定


アメリカでは「自分は将来どうなりたいのか?」といった目標設定を
中学生ぐらいには、みんなしっかりと決めています。授業中に色々な職業の
ヒトから参考意見を聞いたりしています。


その仕事の魅力、どうすれば、何をすることで憧れの職業に就けるのか?
といったことを明確に教えてくれます。


せっかく憧れている仕事があっても、どうすればその仕事に就けるのか
わからなかったら意味がありませんよね?


医者になりたいのであれば、どのような学校にいけばいいのか?
医者と一言で言っても、外科、内科、美容整形など色々とありますが、
一体、自分はどの仕事がやりたいのか?といった具体的な道しるべですね


何もわからないのに、目指すなんてムリな話です。
目指すためにも、きちんとした知識が必要だということですね
そして目標設定、その目標へ向かうための準備を早いうちから
することで、将来への希望を持ちます。


なんとなく中学、なんとなく高校、流されるままに大学に行っていても
何の意味もありませんよ・・・^^;

こちらの記事もよく読まれています

・免許や資格を取得する!
・自己主張のチカラ
・常識力とマナーを身に着ける
・ヒトは70%を外見で判断する
・話し方を学ぶ
・将来の目標を早く決める
・カンタン=ラクでは無い!
・お金の知識を身につける
・企業が社員に求める能力
・コミュニケーション能力
・クリーニング工場にて
・職場での人間関係トラブル
・ミスした時の責任の所在
・汚菓子・汚料理を持ってくるおばさん
・資格って大切だなと思う今日この頃
・憧れはあってもなりたいとは思わない看護師
・英語化の必要性

MENU