格差社会を強くたくましく生き抜いていく!

自分で起業して社長になる!

企業独立


「 中卒が定年まで働いても、しょせん先が見えてるから独立じゃ! 」


たしかに中卒であろうが、高卒であろうが、自分が社長になってしまえば、
社長である自分のことをバカにする人間は少ないです。それどころか
「中卒が社長」ということが逆に強みになります。


なぜならば、周りのヒトが勝手に、そこにドラマがあったことをイメージ
するからですね。一流の大学、企業で働いていた人間が独立するよりも、
はるかに困難なイメージが強く、勝手にスゴイ人だと思ってくれたりします


・・・しかし実際問題、起業、独立とはそんなに甘いモノじゃありません


もし、独立するだけで誰もが成功するのであれば、誰もが億万長者です。
いくらがんばろうが、血のションベンを出すぐらい苦労しても、上手くいく保障
なんてありません。


しかも結果を出すまでは、ほかの会社や企業に売り込みにいっても、誰も相手に
してくれません。なぜならば会社の信用は後からついてくるからです。
この「信用」を築き上げるまでに時間がかかります。結果が必要となります。


そして結果を出すまでは「中卒」というモノが重く付きまとうことも確実です。
これは自分でも身をもって体験しています。いくら肩書きが代表取締役であろうが、
ほかの会社に売り込みにいったら、「ただの小さい会社の中卒の社長」です。


以上のことからも、まずはサラリーマンでもいいので、結果を出した後、
独立するほうが確実です。もしくは自分の腕だけで勝負する世界に入る
ことですね。ラーメン屋を建てるなどです


しかし、これもちゃんとした下積みが必要です。


実際、中卒、高卒で社長になって成功しているヒトのほとんどが、
まずはサラリーマンで結果を出してから、その「結果」を売りにして
独立しています。


営業で日本でもトップクラスの売り上げをたたき出した。
行列ができるラーメン屋のオーナーになるために何年もの修行を積んだ。
といったカンジですね


特に営業で結果を出しているヒトは、自分が営業ノウハウを指導してきた
下の人間が付いてきてくれるというパターンも多く、最初から強い狼の群れが
できているのが最大の強みですね。

こちらの記事もよく読まれています

・中卒でも大卒でも平等に見られる職場を選ぶ
・インターネットで起業独立!
・インターネットでの仕事の欠点
・自分で起業して社長になる!
・投資家という選択肢
・ギャンブルで一発逆転は危険
・田舎暮らしでお金を貯める

MENU