格差社会を強くたくましく生き抜いていく!

ニートの意味

ニート


ニートの語源
1999年にイギリスの内閣府社会的排除防止局(Social Exclusion Unit)が
作成した調査報告書BRIDGING THE GAP: NEW OPPORTUNITIES FOR 16-18
YEAR OLDS NOT IN EDUCATION, EMPLOYMENT OR TRAININGに由来する言葉であり、
ブレア政権で用いられた政策スローガンの一つ。そのため英国における
ニートの定義については、当該報告書に準じた「16〜18歳の教育機関に所属せず、
雇用されておらず、職業訓練に参加していない者」とされている。


但し、ニートという語は英国を始めとする諸外国では殆ど使用されておらず、
類似した分類も普及していない。むしろ近年欧米ではニートについて
「日本における若年無業者問題を指す語」として認知されつつある
(プレカリアートも参照)。なお以下の解説は、断りの無い限り日本における
ニートの説明である。


経緯
この言葉は厚生労働省が2004年に発表した労働白書の中で、
「労働者・失業者・主婦・学生」のいずれにも該当しない「その他」の人口から、
「15?34歳」までの若年者のみを抽出した人口(若年無業者)が、
同年出版された玄田有史の著書において「ニート」と言い換えられ、
以後、マスメディア等を通じて一般にも知られるようになった新語である。
ウィキペディアから抜粋


このように意外にも、ニートは日本だけで使われている言葉であるみたいです。
ただ、最近ではニートの中でも「ネオニート」と呼ばれるヒトたちも
増えてきていますね


親から貰ったお金を株などで運用して大金を稼ぐヒトたちのことを言います。
働かないで株で稼ぐという野望を持つ人も増えていますが、決してラクをして
稼いでいるわけでは無いので気をつけましょうね

こちらの記事もよく読まれています

・ニートの意味
・学歴コンプレックス
・ネットカフェ難民
・ワーキングプア
・正規雇用と非正規雇用
・パラサイトシングル
・日本は中流社会なの?
・地方と中央の格差が広がった理由とは?

MENU