格差社会を強くたくましく生き抜いていく!

ワーキングプア

ワーキングプア


ちゃんと就職して働いているのに、給料が生活保護水準以下しか
もらえていなかったりするヒトたちのことを言います。
すでにアメリカでは大きな社会問題のひとつですね


実はいま日本でもこのワーキングプアのヒトたちが、
ビックリするぐらい増え続けています・・・


自分の周りでも、あまり細かい会社名などを挙げると問題になるかも
しれないので詳しい内容は言えませんが、技術もあり、能力もあるのに、
月収17万円で働いかされている31歳の友人もいます。


「なんで会社辞めないの?」


当たり前のように、周りはいともカンタンに言うわけですが、
現実問題、30歳を超えていて、嫁と子供もいる状態で大学を卒業してから
ずっと続けている会社を辞めるのはとても勇気が要ります


「再就職先がちゃんと見つかるのか?」


この不安が常に付きまとい、奴隷のように働いている人間も沢山います。


しかし、当然のことですが、月17万円で嫁と生まれたばかりの子供を
養っていくのはかなりキツイです。過酷な節約生活をしているうえに、
両親からの仕送りなども貰っている・・・


同じ会社の人間では、社会保障を受けているヒトもいるといっていました。
いままでの世間の常識の中では「働いていれば保障される」といった
「寄らば大樹の陰」の考え方はもう時代遅れだと思っておきましょう。


それが通じたのは80年代のバブル経済のときだけですよ、ホント・・・

こちらの記事もよく読まれています

・ニートの意味
・学歴コンプレックス
・ネットカフェ難民
・ワーキングプア
・正規雇用と非正規雇用
・パラサイトシングル
・日本は中流社会なの?
・地方と中央の格差が広がった理由とは?

MENU