格差社会を強くたくましく生き抜いていく!

パラサイトシングル

パラサイトシングル


パラサイトシングル (Parasite single, Parasitic single) とは、「学卒後もなお親と同居し、基礎的生活条件を親に依存している未婚者を言う」と定義されている(『パラサイトシングルの時代』p11)。単に「パラサイト」と呼ばれることもあり、「パラサイトする」などと動詞化して用いられることもある。東京学芸大学助教授(現教授)である山田昌弘によって提唱された造語・概念であり、パラサイトは寄生虫、シングルは独身の意味である。

瀬名秀明の著作「パラサイト・イヴ」(1995年)によって既に世間に広まっていた「パラサイト」という言葉を含んでいることから、「パラサイト・シングル」という言葉も急速に認知され広まった。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


ということらしいですが、ようはいつまでも独身のまま
独立もせずに親の懐に甘えている状態のことを指しますね。


たしかに一人暮らしをするのは何かとタイヘンです。
毎月、迫ってくる家賃、光熱費の支払日、どんなにしんどくても
自分で食事を用意しないといけない


洗濯のタイヘンさは独立してから初めて知ったというヒトも多いです。


しかし、親と同居で家に住んでいたら、全て自分の母親がやってくれる
わけです。毎日の食事、洗濯、お風呂や便所の掃除など・・・


けど、そのぶん自由度も少ないし、一人暮らしのように恋人を呼んだり
しにくいというデメリットも強いですね。ラクな代わりにいつでも
親の目がスグ側にある状態だということを覚えておきましょう

こちらの記事もよく読まれています

・ニートの意味
・学歴コンプレックス
・ネットカフェ難民
・ワーキングプア
・正規雇用と非正規雇用
・パラサイトシングル
・日本は中流社会なの?
・地方と中央の格差が広がった理由とは?

MENU